facebookページ twitter instagram

NEWS

Le JAPON s'invite Rive Gauche

新着情報

He that would know what shall be, must consider what has been.

最近、ちょくちょく雑誌で記事を見るので改めて書きます。ボンマルシェ百貨店についてです。多分日本展が開催されたからだと思いますが、ファッション・インテリア誌を中心に掲載されています。以前からファッション誌ではたまに掲載されているこのボンマルシェ。実は世界最古の百貨店です。元々は帽子や生地を取り扱うアパレル業だったんですが、それが発展して今のような百貨店になったそうです。なんか今の大手セレクトショップの展開とかぶる様な気もします。百貨店お馴染みのバーゲンやショーケースを使った商品演出などは、ここが元祖だそうです。ここが凄いと思うのは伝統がある事よりも企画展などで新進気鋭の作家やデザイナーを常に紹介している事です。世界最古の百貨店という肩書を持ちながらも、現在進行形で昔と同じように新しい事に取り組む姿勢は正に温故知新。テンションがあがる百貨店です。なかなかそんな百貨店って無いですもんね。バーグドルフも良いけれど、こっちが遊び心溢れる気がします。もちろんお客さん多いですよ。ちょうど、この前行ったときに日本展があっていたんですが盛況だったですね。日本の伝統工芸や洋服、雑貨や文房具、果てはお菓子まで展示されていました。安藤忠雄さんも紹介されていました。ここで日本の洋服ブランドを見たヨーロッパのセレクトショップがオファーをしてきたりと洋服業界ではかなり反響は大きかったようです。capriceの取扱ブランドもここで展示されましたので、ご来店された際はご紹介しますよ。

ACSESSARY IS SILENT

新着情報

今回かなり数多くのショールームをまわりました。移動も多くてバタバタしている中、ショールームの中で静かになる時があって。それってアクセサリーを見るときによくなるんですよね、自分の場合は。モデルさんが着てたりとかハンガーラックにかかっている洋服は動かさないと見れないものだけど、アクセサリーは静かに見つめる事が多いんです。そして静物なんだけど言葉や動きがなくても心が動かされちゃうんですよね。アクセサリーの持つ不思議な空気感です。他のアクセサリーの写真もあるので徐々にアップしていきますね。





ちなみに写真のアクセサリーは2月位に入荷しますよ。ジュエリー作家の作品です。詳細は入荷したらお伝えしますね。是非シンプルな洋服と合わせてコーディネートして下さい。色も形も様々なタイプがあって、着けるのはもちろん楽しいんですが、眺めていても飽きない程、一つ一つこだわっていて制作されています。

Danny Passarella

新着情報

Danny Passarellaのアートピースがもう少しで手に入ります!初のファインアートプロジェクト「ファンタジーシーンズ」が開催され大きな反響を呼びました。デザインやグラフィックに興味がある方はご存知かもしれません。もしくは前衛音楽が好きな人ですね。この人、実はミュージシャンでもあります。Ewan PearsonやDaniel Averyなどの前衛ミュージシャンとの共演を果たしたり、Passarella Death Squadというカルト的な人気を誇るブランドを立ち上げたり、とにかく非常に多彩な活動で知られています。そんなDanny Passarellaのアートピースが数量限定で生産されました。ものはTシャツなので、もちろん着て頂けます。もちろんオフィシャルなものです。大変貴重な作品なので多分夏までは無いと思います。一枚で着て頂いても良いですし重ね着する時のアクセントとしても使えそうですよ。海外から直接届く物なので日本国内ではほとんど観れる機会は無いと思いますので是非ご覧下さい。入荷したら又こちらにアップしますね。

BONJOUR PARIS

新着情報

少し時間が経ってしまいましたがフランスに行ってきましたよ。2015年春夏の展示会と買付けです。フランスは観光地としてとても有名ですよね。それにフランス料理やファッションも有名です。特に洋服を扱うとやっぱりフランス、特にパリというのは特別な場所と言えます。じゃあ、ファッション目線でなんでパリが特別なのかちょっとご案内していきます。


In Paris, everybody wants to be an actor; nobody is content to be a spectator.

やっぱりパリ・コレクションの存在は大きいです。ニューヨーク・ロンドン・ミラノ・パリの4カ国4都市中でもパリが世界最大規模のコレクションを開催しています。ではコレクションとは?それはファッションブランドの新作発表会です。もっと詳しく言うと今はプレタポルテと言われる既製服の新作発表会を指します。今のような形になる前はオートクチュールのコレクションがそもそもだったそうです。当然商談をベースにはしているものの元祖コレクションだからやっぱりそパリで勝負したいデザイナーがやってきます。写真は巨大な合同展のテラスです。あまりに広いのでカフェが併設されていて休憩の人も沢山いましたよ。

SHOWROOM PLACE

洋服屋が海外などに出向く理由は色々あります。買付だったり情報収集だったり、1つだけの理由ではない場合が多いですが、その一つが展示会です。ファッションショーはブランドの価値観や空気感を表現する総合演出であり読んで字のごとくショーです。こんなの着れないでしょとかよく聞きますけど男の人だったらモーターショーとかが分かりやすいかもですね。各々のメーカーのコンセプトカーやF1並んでたりしますよね。大きな合同展のイベントやパーティなどを除くと展示会はそういったショーはありません。そのかわりそのブランドの素の部分を体験できる場所と言えます。もちろん洋服のサンプルを見に行くわけですけど、デザイナーと直接話をしたり、その場所に行けばどういう事に興味を持って追究しているのかを肌で感じる事ができます。ちなみに写真は合同展ですよ。